祓い清めの神道LIFE

断捨離やミニマリスト、マインドフルネスが流行っていますが、それってもともと日本にあった神道と同じなんじゃない?と思ったので、最近神道的生活をしています。

霊能者のイシガヤさんへのインタビュー(official sorakaraより)


www.youtube.com

 

興味深いことをおっしゃっていたので、メモです。

 

狐憑きにあったとき、神様が協力してくだされば、(その憑物を)持っていってもらう

・ 14:00(霊能をコントロール出来ない頃は取り憑かれてどうしようもなかったが)自然の神様(神道と言ってはなんだが)使うようになってきたら、自分を取り戻した。

・奥様がシュリンターザー(宇宙人)に取り憑かれるようになる。シュリンターザーは宇宙を彷徨っている見守っている宇宙人(エネルギー体)

・20:00(2019年頃のチャネリング)これから地球人と繋がる(対話する)ようになる。 

・24:26宇宙ってなに?→無限の空間、エネルギーのスポットがあって、 生命活動が出てきて(8つ)、お互いを理解するために物質化する。惑星や銀河を生み出す。そのままでは流れていってしまうので、陰陽を決めて、陰と陽で引きつけると反発するものを網の目にして広げていったのが宇宙の始まり。それが8つくらい合って、競い合ってる分けじゃ無いが、お互いに理解しあって宇宙が成り立っている。

・31:25オーラ・想念は空間に残る。自然(環境)にも影響を与える→天変地異が起こる。コロナもそれで出てきた。

・32:16 中国で遺伝子いじくるか何かしたんじゃねえかと思うけど、研究所で、研究する人がプラスの気持ちで作っていれば、コロナ自体はプラスのものだから、プラスで作ってくれれば、ビフィズス菌みたいに有用になものだが、軍事利用で作っているのでマイナスに進むようになっている。

・33:10 潜在意識で物事が変わる。人のエネルギーが空間に残り、それがいろんなところへ飛んでいく。空間に残るというのは強く思ったとき。

・35:29 祓い清めは自然の神様に頼む。静岡県の「事任八幡宮」の楠が悪いものを吸ってくれる。

事任八幡宮公式ホームページ | 遠江の国一の宮

・39:29神様とは:こうしなさい、ああしなさい、こうでなきゃいけません、という物ではない。選択肢は人に与えた権利です。神は、右に行くなら右に協力しますよ、左に行くなら左に協力しますよ、というスタンス

・40:05 元々の原理は、神が人を作った理由は、(神は)この宇宙に活力源(プラスのエネルギー)を求めていたので、それを生み出すために、宇宙自体が波動でその分け御霊を出して、それに肉体いう物質を作って、これで現実的に物事を進化させてやりなさい、ということ出てて来た物。それを導くものが外にいる神様。外にいる神様はその人が喜びたい楽しめる方向へ引っ張って行きたい。人が活力が出せるように外にいる神様が手を貸すから、人が活力が出るように、手助けをしてくれる。

あらゆるきめごと(モラル・宗教の決まり)等は、人が決めたこと、神は人が喜んで楽しんで幸せを家族で分かち合って、活力を出して欲しいというだけ。自然の神様から読み取ったこと。

・42:15 グレイ(宇宙人)は未来の人間と思われる。

・45:25 素粒子のなかに別なものがありそこの違う次元がある(パラレルワールド

 

以上

 

気になったポイントとしては、

世界観が、神道に近い。根源神(大直日)より、分け御霊(直日)をいただいて存在するのが人間である。

自然の神様がいらっしゃる。これは、我々の周りにいる神様で、助けてくださる存在。アミニズム/自然崇拝にもつながります。

「選択は人に与えた権利」・・というのはシルバーバーチもよくおっしゃってる事で、自由意志は人に与えられたもの、、に通じますね。

 

人と契約を求めたり、決まりの多い神様は、根源神より物質に近い神様なんだろうなと思います。

神道でも、眷属(使い神)様の方が、決まりに厳しく、契約をしなければ動きません。ただし、物質に近いためか、現実を動かすのは得意・早いんだと思います。

ユダヤ教キリスト教)も、神との契約です。

色々な人が色々なことをおっしゃるが、異口同音、、、
現れる世界観は皆共通するところがありますね。

 

それと、、、、コロナは中国の研究所で作られた、、、っておっしゃっていますね!
やっぱりか、、と思ってしまいます。
研究所にはカナダからウイルスが持ち込まれたりとかもしてるので、世間だって騒がれていませんが裏では色々あるんだろうなと推察します。

 

 

 

【お稲荷さん-2】伏見白菊稲荷大神 @江東区

ご縁あって、東京都江東区扇橋に鎮座されます、伏見白菊稲荷大神月次祭に参加させていただきました。
こじんまりとしたお社です。


f:id:primarose17:20210505214651j:image

 

【ご祭神】

 稲荷山三つが峰 白菊大神よりご分霊を勧請(伏見稲荷支部

【ご由緒】

70年前、霊能者の伊勢岡ハツ女史により始められる(現在は3代目の方が代表をされている)

 【場所】

東京都江東区扇橋

 

 


お稲荷講を訪れたのは初めての体験でした。
私は杉並のお稲荷講を主宰されている神主さんと懇意にさせていただいておりますが、神主さんつながりで、こちらの白菊稲荷講をご訪問させていただきました。

 

お社の隣にございます、殿社で月次祭を行いました。
参列されている方はすでにご高齢の方ばかりでしたが、長く信仰を集めてらっしゃったのだと感じました。

 

「根源神は世の中の摂理を管理されているので、個人の都合を配慮することはできない。そのため大神様(より人に近い神様)にお願いすることで、使い神(眷属様や精霊=さらにこの世に近い存在の神霊)をつかって人の願いをかなえてくださいます。」

、、と神主さんのお話が心に響きました。

 

なんだろう、、、
シルバーバーチで出てきた話でも、高級霊は直接人に関与できない(波動が違いすぎる)ので、高級霊⇒インディアンの霊⇒人(霊媒)と波動を順繰り下げて人の世に関与することができる、、とありましたが、

まさに同じようなことをおっしゃっていて、、、

もともと神道はその仕組みをわかっているうえで、ご眷属様をお祭りしており、、

今更外国からそのような霊界の仕組みを輸入して聞くまでもなく、もともと古い日本にはこの考え方があったのかと、、改めて神道のすばらしさを認識しました。

 

神道は、とうの昔から神の世の仕組みを理解していたんですねぇ、、、、

素晴らしい!

 

月次祭に参加して、神・ご眷属様を信仰されてる方がご高齢の方ばかりなのもさみしく思いました。
現代人は神から離れてしまったのでしょうか?なぜ離れたのか?
本当に考えさせられました。

 

 

 

気を良くする方法(悪い気を飛ばす方法)

★随時更新★

 

 

 

漫画家永久保貴一さんの漫画「続・生き人形」より

 

・太陽にあたる

・赤外線ヒーターにあたる

・音叉(悪い気を散らせる)

モーツァルトを聴く→清められる。

 (ラの音が多いもの)

・お風呂に入って汗をかく

 (悪いものが落ちる)

・悪い事を考えたり話したりすると、悪い気が発生したり集まってしまうので、やらない事

 

漫画「強制除霊師 斎」より

・利き手の人差し指と親指で塩を一摘み摘んで舐める。コップ7分目位の水を一気に飲む。その際、コップから手を離してはいけない。息継ぎでコップから口を離すのは○

とにかく飲みきるまでコップを離してはいけない。塩で清められた体に、半径2メートル位の結界が出来て悪いものが近づけなくなる。

・明るく前向きでいること

 

 

Sさんの眷属様からの教え

 

神域では

①木に触れる時も 神の水に手を入れる時もまず右手で触れて
 手放したい様々の事や想いを出す。
 黒い思いや浄化したい事は右手から出ていく
 まず 右手からという理由はそこにあり
 それをイメージすることができればそれらは流れていく

②左手で濁りの無い綺麗なエネルギーが入ってくることをイメージすれば 
 良い波動は身体の中を循環するようになっている

 

何事もイメージと感謝が大切

足利 織姫神社と蕎遊庵



 


f:id:primarose17:20210321233104j:image

 足利市にある、織姫神社へ行ってきました。

ご祭神は

天八千々姫命(あめのやちちひめのみこと)」

「天御鉾命(あめのみほこのみこと)」

足利織姫神社のご由緒(HPより)

1200年余の機場としての歴史をもつ足利。この足利に機織の神社がないことに気づき、宝永2年(1705年)足利藩主であった戸田忠利が、伊勢神宮の直轄であり天照大神(あまてらすおおみかみ)の絹の衣を織っていたという神服織機神社(かんはとりはたどのじんじゃ)の織師、天御鉾命(あめのみほこのみこと)と織女、天八千々姫命(あめのやちちひめのみこと)の二柱を現在の足利市通4丁目にある八雲神社へ合祀。その後、明治12年(1879年)機神山(はたがみやま)(現在の織姫山)の中腹に織姫神社遷宮した。
翌年の明治13年、火災に遭い仮宮のままとなっていたが、昭和8年皇太子殿下御降誕(現在の上皇陛下)を期し、当時の足利織物組合理事長の殿岡利助氏の先導により市民ぐるみで新社殿の建造にかかり、昭和12年5月に現在の織姫山に完成、遷宮した。
平成16年6月、社殿、神楽殿社務所、手水舎が国の登録有形文化財となる。

 

ここの階段が299段もあって、足がガクガクに!!


f:id:primarose17:20210321233117j:image

 途中、知る人ぞ知る、蕎麦の名店「蕎遊庵」があります。

www.kyouyuuan.com

 


f:id:primarose17:20210321233131j:image

疲れをいやすがてらに、早速いただきました。

鴨南蛮。

レベルが高いお蕎麦です。お蕎麦は細麺でおいしいです。おつゆもおいしい!

階段を登ったご褒美ですね♬

 

f:id:primarose17:20210321233053j:image階段がおわって、やっとこ境内。

神社の境内は、「気」が違いました。清涼感があり明るい感じがします。

ここは、神様が鎮座されていらしゃり、信仰もあって素敵な場になっていると思います。

 

神社詣で+お蕎麦屋さんはセットにしたいですね!

 

 

 

手早く部屋の空気感を変えてくれる植物達

部屋の空気感を良くするために、割と即効性が有るのが植物を置くことだと思います。

 

 


f:id:primarose17:20210220230711j:image
テレビ両脇の対象的なサンセベリア


f:id:primarose17:20210220211842j:image

蘭の原種 エピデンドラム原種 ホワイト・デフォルメ 根を苔で包んでコルク板に針金で巻き巻きされてます。

それを壁にかけているのですが、考えた人凄いです!たまに霧吹きでスプレーして水やりをするそうです。

ちなみにジョイフル本田で2000円で買いました。


f:id:primarose17:20210220230143j:image

窓際にシクラメン

シクラメンは上手くすれば数ヶ月持ちます。12月に貰った鉢ですが、水やりを失敗した株は花が散りました😭💦

温度管理も水やりも成功した株は未だに咲いてます!


f:id:primarose17:20210220230153j:image

咲き終わってしまったデンドロビューム

栄養剤刺してみました。

来年また咲かせようと思います。

 

 

どれもこれも割と水やりが楽な植物です(笑)

仕事してるので手間がかからないのは必須です!

 

最近、蘭が好きになってきました。

ちょっと蘭栽培齧ってみようかなと思う今日この頃🥰

 

もう少し植物を増やして、空気清浄をしたいと思います✨🌼🍀

 

 

 

 

【お稲荷さん-1】笠間稲荷神社

とある理由で、お稲荷さん行脚をすることにしました!
2021.2からカウントしたいと思います。

 

まず初めに、茨城県笠間市にございます、「笠間稲荷神社」です。

www.kasama.or.jp

【ご祭神】
宇迦之御魂神
須佐之男命(すさのおのみこと)と神大市比売神(かむおおいちひめのかみ)との間に生まれた神さまで、倉稲魂神とも書きます。

 



f:id:primarose17:20210206173405j:image

 どどーんと、鳥居登場!!近くには神棚屋さんがずらりと並んでいます。
神棚ってどこで買えるのかなと思ったら、こういうところに売っているんですね!


f:id:primarose17:20210206173419j:image

境内は、すっきり清潔です。

御祈願は、本当は5分くらい時間をかけてやりたいのですが、ふつうは人が多くてできません。ですがコロナのせいか人手もまばらでお参りに時間をとれました。
初回でゆっくりご挨拶ができたのはラッキーでした。

霊力師の「斎」さんの教え通りに
神様のお名前+自分の住所氏名を3回唱え、神様世間一般に感謝を述べてから自分のことをちょっとだけお願いしました。

 


f:id:primarose17:20210206173611j:image

 門前のお店で、お狐さんのお面をゲット!!SNS上で顔出ししたくないときはこれをかぶって登場しようかと思います(笑)


f:id:primarose17:20210206173642j:image

 そして、この辺りは蕎麦稲荷が名物です。おそばがお稲荷の中に詰まっています。
おいしいですよ。ここに来たら食べることにしたいと思います。

笠間稲荷神社は、伏見稲荷豊川稲荷みたいに境内に狐がわんさかいる、という感じではなかったです。意外でした。なので見た目はお稲荷さんというより、天神様のような雰囲気です。
お稲荷神社といっても色々あるのですね、、、

 

 

笠間は、笠間焼でも有名です。なので、お参りがてらに焼き物を見るのも楽しみのうちの一つです。
ギャラリーがたくさんあるのですが、夫が好きなギャラリーがこちらの「門」

笠間・回廊ギャラリー 門

f:id:primarose17:20210206173653j:image


f:id:primarose17:20210206173706j:image

 中は、回廊で、ぐるっと焼き物が並んでいます。
どれもアーティスティックで見ていて楽しいです。
お手頃値段で買えるので時々お茶碗とか買います。

 

笠間稲荷神社と、笠間焼のギャラリー巡りをセットで楽しめますよ!

是非皆さんも行ってみてくださ~い。

 

笠間稲荷の神様、ありがとうございました!

 

 

 

 

今年の目標、大祓祝詞を覚えること!

スピ系のことは日々探求しているのですが、

最近の結論として、感情的・物理的な「穢れ」を払うことがとても重要な気がしてきました。

この世は想念なんです!

後で別記事にしたいと思うのですが、「この世は想念で出来上がっている」という夢を見たことがあり、その後、神道・仏教をちょこっと調べてみたのですが、やっぱり結局「想念」なんだなと思うことがありました。

 

神道には「大祓の祝詞」という祓詞(はらえことば)があります。
すべての不浄をこの祝詞が払ってくださいます。
もちろん、ただ唱えればいいというわけではなくて、祓いを観想することが重要です。

大祓祝詞を覚えるのに、便利そうなサイトを見つけましたので貼っておきます。
ご参考になさってください。

 

私はこれを1日1回読もうと思います。祝詞の意味が分かれば自然と頭に入りやすくなりますもんね!

 

(神社本庁の大祓祝詞

http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/norito-shosha/pdf/norito-shosha_gendaigoyaku_02.pdf

 

www.okunijinja.or.jp