祓い清めの神道LIFE

断捨離やミニマリスト、マインドフルネスが流行っていますが、それってもともと日本にあった神道と同じなんじゃない?と思ったので、最近神道的生活をしています。

手早く部屋の空気感を変えてくれる植物達

部屋の空気感を良くするために、割と即効性が有るのが植物を置くことだと思います。

 

 


f:id:primarose17:20210220230711j:image
テレビ両脇の対象的なサンセベリア


f:id:primarose17:20210220211842j:image

蘭の原種 エピデンドラム原種 ホワイト・デフォルメ 根を苔で包んでコルク板に針金で巻き巻きされてます。

それを壁にかけているのですが、考えた人凄いです!たまに霧吹きでスプレーして水やりをするそうです。

ちなみにジョイフル本田で2000円で買いました。


f:id:primarose17:20210220230143j:image

窓際にシクラメン

シクラメンは上手くすれば数ヶ月持ちます。12月に貰った鉢ですが、水やりを失敗した株は花が散りました😭💦

温度管理も水やりも成功した株は未だに咲いてます!


f:id:primarose17:20210220230153j:image

咲き終わってしまったデンドロビューム

栄養剤刺してみました。

来年また咲かせようと思います。

 

 

どれもこれも割と水やりが楽な植物です(笑)

仕事してるので手間がかからないのは必須です!

 

最近、蘭が好きになってきました。

ちょっと蘭栽培齧ってみようかなと思う今日この頃🥰

 

もう少し植物を増やして、空気清浄をしたいと思います✨🌼🍀

 

 

 

 

【お稲荷さん-1】笠間稲荷神社

とある理由で、お稲荷さん行脚をすることにしました!
2021.2からカウントしたいと思います。

 

まず初めに、茨城県笠間市にございます、「笠間稲荷神社」です。

www.kasama.or.jp

【ご祭神】
宇迦之御魂神
須佐之男命(すさのおのみこと)と神大市比売神(かむおおいちひめのかみ)との間に生まれた神さまで、倉稲魂神とも書きます。

 



f:id:primarose17:20210206173405j:image

 どどーんと、鳥居登場!!近くには神棚屋さんがずらりと並んでいます。
神棚ってどこで買えるのかなと思ったら、こういうところに売っているんですね!


f:id:primarose17:20210206173419j:image

境内は、すっきり清潔です。

御祈願は、本当は5分くらい時間をかけてやりたいのですが、ふつうは人が多くてできません。ですがコロナのせいか人手もまばらでお参りに時間をとれました。
初回でゆっくりご挨拶ができたのはラッキーでした。

霊力師の「斎」さんの教え通りに
神様のお名前+自分の住所氏名を3回唱え、神様世間一般に感謝を述べてから自分のことをちょっとだけお願いしました。

 


f:id:primarose17:20210206173611j:image

 門前のお店で、お狐さんのお面をゲット!!SNS上で顔出ししたくないときはこれをかぶって登場しようかと思います(笑)


f:id:primarose17:20210206173642j:image

 そして、この辺りは蕎麦稲荷が名物です。おそばがお稲荷の中に詰まっています。
おいしいですよ。ここに来たら食べることにしたいと思います。

笠間稲荷神社は、伏見稲荷豊川稲荷みたいに境内に狐がわんさかいる、という感じではなかったです。意外でした。なので見た目はお稲荷さんというより、天神様のような雰囲気です。
お稲荷神社といっても色々あるのですね、、、

 

 

笠間は、笠間焼でも有名です。なので、お参りがてらに焼き物を見るのも楽しみのうちの一つです。
ギャラリーがたくさんあるのですが、夫が好きなギャラリーがこちらの「門」

笠間・回廊ギャラリー 門

f:id:primarose17:20210206173653j:image


f:id:primarose17:20210206173706j:image

 中は、回廊で、ぐるっと焼き物が並んでいます。
どれもアーティスティックで見ていて楽しいです。
お手頃値段で買えるので時々お茶碗とか買います。

 

笠間稲荷神社と、笠間焼のギャラリー巡りをセットで楽しめますよ!

是非皆さんも行ってみてくださ~い。

 

笠間稲荷の神様、ありがとうございました!

 

 

 

 

今年の目標、大祓祝詞を覚えること!

スピ系のことは日々探求しているのですが、

最近の結論として、感情的・物理的な「穢れ」を払うことがとても重要な気がしてきました。

この世は想念なんです!

後で別記事にしたいと思うのですが、「この世は想念で出来上がっている」という夢を見たことがあり、その後、神道・仏教をちょこっと調べてみたのですが、やっぱり結局「想念」なんだなと思うことがありました。

 

神道には「大祓の祝詞」という祓詞(はらえことば)があります。
すべての不浄をこの祝詞が払ってくださいます。
もちろん、ただ唱えればいいというわけではなくて、祓いを観想することが重要です。

大祓祝詞を覚えるのに、便利そうなサイトを見つけましたので貼っておきます。
ご参考になさってください。

 

私はこれを1日1回読もうと思います。祝詞の意味が分かれば自然と頭に入りやすくなりますもんね!

 

(神社本庁の大祓祝詞

http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/norito-shosha/pdf/norito-shosha_gendaigoyaku_02.pdf

 

www.okunijinja.or.jp

 

 

2021 お正月

今年も年末30日にお飾りをしました!
f:id:primarose17:20210101174601j:image

門には門柱門松に輪飾り。


f:id:primarose17:20210101174614j:image

玄関ドアにはしめ飾り。

 


f:id:primarose17:20210102010205j:image
火の神様にもしめ飾り

(ガスレンジの換気扇に貼りついます!)

 

クリスマスの派手さと違って、清々しいです。

ミニマリストとかシンプリスト向きかな。


f:id:primarose17:20210105000832j:image

30日夜にDIYに行ったら、お正月用のお花が安売りしてました!

やったラッキーで玄関用に鉢をゲット! 

素敵〜💕💕💕

 

 

 

1日は

地元の厄除大師へお参りに。

コロナのために人がほとんど居なくて、スイスイでご本尊をおがめました。

元三大師、疫病退散の御札です。

無料で配布されていました。

ありがたや〜


f:id:primarose17:20210116115615j:image

早速家の玄関ドアに貼りました。


f:id:primarose17:20210101174621j:image

おみくじ引いたら、末吉でした。

そんなに順風満帆ではないが、神仏を敬えばよくなる、という内容でした。

 

今の私の求めるところかな(神仏を敬うと言う行為)となんか納得。

 

あとは近所の稲荷山へ参拝。

こちらは勉強の神様なので、姪っ子の受験祈願をしてきました。

仏壇にもお線香をあげました。

 

 

最近読んだ密教僧の漫画で、祖霊を拝むとそのうち祖霊が神格化するような話か書かれていて、なるほどと納得しました。

 

 

祖先を敬う行為が子孫の繁栄に繋がるというのはこういう理屈なんだろなーと。

たしかに菅原道真をお祀り→神格化→神様としてさらに参拝者が来る

みたいなサイクル?!

祖先がお武家様のお知り合いがいますが、その宅も、ずーっと祖霊をお祀りしてるせいかお家は繁栄しています。

 

まぁ、繁栄のためにお祀りするのではなく、純粋に先祖があっての、今の自分なので、損得なしに御先祖様には感謝したいとおもっています。

 

大人になってから、行事の意味を考えるようになって、クリスマスとかハロウィンとか、まーったく意味がないのにイベントとしているのが馬鹿らしくなりました。正直、マーケティングに踊らされているだけですよ。

そして、本来日本人の根幹にある生活習慣(宗教行事的なもの)に沿ってお祭り(お祀り)するのが大事だろうと思うにいたりました。

正月は、大掃除を物理的にして、年神様をお家に迎えるものなので、門柱にしるし(門松)をつけたり、神聖な域として結界張ったり、、、

なんというか、霊的にも物理的にも人が祓い清められる行事✨🍀じゃないかと思います。

 

うん、私はそう有りたいので、お正月を清く迎えたいです😆✨。

 

 

  

年末の大祓~しめ縄飾りを作りました~

年越しの大祓をしました。

 

大祓については、神社本庁より引用しました。

www.jinjahoncho.or.jp

大祓は、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的としています。

この行事は、記紀神話に見られる伊弉諾尊いざなぎのみこと禊祓みそぎはらひを起源とし、宮中においても、古くから大祓がおこなわれてきました。中世以降、各神社で年中行事の一つとして普及し、現在では多くの神社の恒例式となっています。

年に二度おこなわれ、六月の大祓を夏越なごしの祓と呼びます。大祓詞を唱え、人形ひとがた(人の形に切った白紙)などを用いて、身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた茅の輪ちのわを神前に立てて、これを三回くぐりながら「水無月の夏越の祓する人は千歳の命のぶというなり」と唱えます。また、十二月の大祓は年越の祓とも呼ばれ、新たな年を迎えるために心身を清める祓いです。

私たちにとって、その年々の節目におこなわれる大祓は、罪や穢れを祓うとともに、自らを振り返るための機会としても、必要なことではないでしょうか。

 

 

 

日々、物理的に清めることは掃除で可能です。

精神的にも、瞑想などをして雑念を払うことも可能です。

で、、、霊的な部分では、やっぱり神様に払ってもらった方が良いでしょう!

師匠の神主さんのところで、年越しの大祓と、祖霊祭をしていただきました。

 

はぁ、、、気のせいかスッキリ!

毎年半年ごとに、夏越しの大祓と年越しの大祓を受けて、霊的にさっぱりしたいところです。

 

今年は大祓と一緒に、しめ縄飾り(お正月飾り)作りをしました。

 

稲を3束用意(1束3~6本程度で)

稲は、霧吹きで濡らして揉んで良くなじませて、柔らかくしておきます。良く柔らかくしておくことがきれいに作るコツです。


f:id:primarose17:20201221003246j:image

まず、1つの束を結わえます。


f:id:primarose17:20201221003302j:image

それぞれの束を真上から見て時計と反対回しに回します。

2つそれぞれよれたら、今度はその日本を上から見て時計回りによります。

2本が絡んだら、今度は最後の3つ目の束を2本絡んだ縄と根元で集合させます。

3つ目の束も上から見て反時計回りに寄ります。

根元から、2本絡んだ縄に沿って巻き付けます。

3束での縄が出来上がったら、輪にします。

その際、稲の根本が奥、穂先が手前になります。

ひもで結んで固定します。

稲の穂先を次に配置します。ひもで結びます。

最後に稲でひもの結び目を隠すように、稲の穂先と縄とを縛り(きれいに隠す)ます。

(やるのが忙しくて写真が十分に取れず、、来年はもっと写真撮ります(笑))


f:id:primarose17:20201221003327j:image

3つ作りました!

結構きれいにできています。


f:id:primarose17:20201221003340j:image

 紙垂の配置はこんな感じ(これは師匠の見本)

 

飾る場所は

玄関、竈(火を使うところ)、水場です。

 

こういうシンプルなしめ縄飾りは美しいですね!

無印良品で売っていそう(笑)

 

来年は、別の注連縄飾りのワークショップにも行って、極めて自分でワークショップを開催してい見ようと思います★

 

 

 

 

神様とは ~斎さん編~

 

oonaohi.hatenablog.jp

 

こちらの記事でご紹介した、霊力師 故 斎(いつき)さん

斎さんの世界観での神様は以下の通りだそうです。ブログより引用させていただきました。

 

霊視のご依頼の方々の90%がこれを訊きます。
ブログでも質問ありましたので、斎流の回答をしますね
存在してほしいから、確認したいってトコですかね
 まぁ、ぶっちゃけ、いますよ。ふつーに。アチコチ。
八百万(やおよろず)ってゆーくらいだからね~いろんなヤツがアチコチ
一括りに神といっても、いろんな種族、ランク、ワールドがありまして。
人間が言うとこの、あの世を天界、この世を下界、地獄を魔界、と斎は区分けしとります。
下界担当の神々といえば、神社に祀られている神様連がメジャー
皆様こぞって初詣のお参りにいくわけですが。新年行事、自身のけじめ、てな感じなら
いーですが、超マジ願いはやめとけ~
神様ひとりvs人間集団 レベル高い神でもムリムリ
 まぁ、見えない世界だから、信じるも信じぬもヨシ

 

・・・私も「神とは」というのを自分なりに調べているのですが、

 

①根源神  ・・すべてを作ったものであり、すべてであるもの。

        神道の「大直日」とか、「ヤーウェ」とかそんな感じでしょうか。

②天界の神 ・・高級霊とか天使、、斎さんのいうところの天界の住人

③神霊   ・・これが、斎さんのいうところの下界の神々、、精霊ともいえるかな

        等価交換で人間に利益も与えてくれる、呪詛とかこのあたりの次元

 

なのかなと、おぼろげにつかんでいます。

 

、、、生前に斎さんにいろいろ聞きたかったなぁ~~~

 

今後、この手の調査をブログで整理していきたいと思います。

 

 

月光浴で浄化 ~斎さん編~

 

oonaohi.hatenablog.jp

 でご紹介した、斎さんシリーズ。

斎さんのブログでご紹介されていた、「月光よくで浄化する方法」をメモしてみました。

 

月光浴はよいですよ~
特に満月期は、女性にお勧めです

勿論、男性にも良いかと思います。

浄化作用的なパワーなんですな~ 

ストレス溜りまくりに、うってつけ

女性の場合、身体の波動みたいなのが、光に引き合うとゆうか呼応するとゆうか・・・

身体にも良いんですよ。

良いパワー を受け取れます

午前0時から2時 一番パワーが強まります。

晴れた夜空がベストです

 深呼吸を2~3回→月に向かい→目を閉じて月に意識を集中

力を抜いて3~15分間

椅子に座っててもOK  

光を吸収するイメージで 

ケータイ は切りましょう

 身近な電波 は、効果激減

 機会があれば、お試しあれ

 

・・・月の周期と生理の周期が同じようなわけで、なんとなく月の波動で女性の体が整うってのはわかる気がしますね、、、

 

最近は手帳に、「新月」「満月」を記録しています。

なので、天気の良い満月の夜に、結界張って、月光浴するのはいいのかなーと思いました。

 

心も体も自分の波動も定期的に調整したいですね!